きら星のごとく…

アクセスカウンタ

zoom RSS 『フラワー・ドラム・ソング』

<<   作成日時 : 2008/09/09 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カリフォルニア州西部の都市サン・ノゼのアメリカン・ミュージカル・シアターで上演される『Flower Drum Song』にター役で出演決定です。劇場の50周年記念公演の一つで期間は10月28日から11月9日まで。

参照: Playbillの告知ページ ・ 劇場HP

『Flower Drum Song』は1958年初演の作品で、サンフランシスコのチャイナ・タウンを舞台に、中国からの移民の娘メイ・リーと中国系アメリカ人の青年ターの恋模様を二つの国の伝統や文化の違いなど織り交ぜて描くコメディータッチのミュージカルです。

作家はお馴染みのリチャード・ロジャース & オスカー・ハマースタインIIの名コンビ。
『The King and I』『Cinderella』『The Boys from Syracuse』とこの作家コンビの作品に縁があります。

また、この作品は2002年にブロードウェイでリバイバル上演もされていて、そのワーク・ショップには同じター役でパオロくんも参加していたようですので、6年越しの本役ゲットということにもなります。

私は2002年のリバイバル以前の1992年に初演版を基にしたと思われる宝塚版を観ているのですが、耳馴染みの良いメロディーのナンバーが多く、最後はちょっとしたどんでん返しもあるハート・ウォーミングな楽しい作品だったように記憶しています。

ただ、今回は大きく改変が施された再演版をベースにするようですので、かなり中身も趣きも異なる模様。パオロくんの演じるターは何と京劇の女形という設定らしいのですが、何しろあのルックスですから(汗)、立役への変更ぐらいはありかもしれませんね。

現時点で判明している主要キャストを貼っておきますと、

  Francis Jue ・・・・・・・・・ Wang
  Ma-Anne Dioniso ・・・・ Mei-Li
  Paolo Montalban ・・・・・ Ta
  Emily Hsu ・・・・・・・・・・・ Linda Low
  Alvin Ing ・・・・・・・・・・・・ Chin

『Pacific Overtures』で共演した Francis Jue や Alvin Ing との再会( Francis Jue は『The King and I』でもご一緒しましたが)、演出もツアー版『Cinderella』の Gabriel Barre が担当と、やはり人脈が占める割合の高い世界ということでしょうか。

公演までまだ1ヵ月以上ありますが、とりあえず今回も現地で直に観劇する術はございませんので、せめて写真や映像のおこぼれを拾えることを祈ります (^^ゞ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『フラワー・ドラム・ソング』 きら星のごとく…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる